満足ゆく印刷のためには

トナー業者の選び方

印刷

空のトナーカートリッジを再充填して使用するリサイクルトナーは、価格の安さもあって高い人気を誇り、販売している業者の数も多数あります。それだけに品質についてもバラつきが存在しており、問題のある業者のトナーを購入してしまうと思わぬ故障などのトラブルに遭遇する可能性があります。 リサイクルトナーの購入にあたってはトナー業者選びがとても重要となります。知っておきたい情報として、リサイクルトナーはメーカーの正規品と違って保証内容も業者ごとに違っている事です。このため保証期間が最低でも1年はある業者を選びたいところです。 また価格のみを重視するのも良い選び方ではありません。メーカー正規品同様にリサイクルトナーにも適正価格があります。値段に見合った品質のトナーを選ぶことが、満足ゆく印刷品質にも繋がります。

トレーサビリティも向上

またリサイクルトナーが黎明期だった頃は、海外製の粗悪なトナーが輸入されて、プリンター本体を故障させるといったトラブルも起きていました。しかし月日が経ち、リサイクルトナーの品質が次第に向上するに従って、そのようなトラブルは減少し、メーカー正規品と同じような感覚してようできる時代へと移り変わっています。 このような品質の上昇がリサイクルトナーの人気にも繋がっており、現在はトレーサビリティの向上に取り組んでいる業者も少なくありません。その一例として挙げられるのが、製品ロットラベルの貼付です。 生産工場や使用部品、生産年月日などを記録したラベルを貼付することで、製品の製造から廃棄までを逐一追うことができます。トレーサビリティの向上によって万が一の不具合にも対処しやすくなり、リサイクルトナーの高品質化と人気の原因ともなっています。