満足ゆく印刷のためには

印刷

メーカーの正規品と違って、リサイクルトナーは品質に業者ごとにバラつきがあるため、トナー業者選びが重要です。そのために保証や価格に囚われない品質の見極めが良いトナーを選ぶテクニックとなります。また昨今のリサイクルトナーはトレーサビリティの向上もあって品質が上がっており、これも人気の原因の1つです。

他社メーカー品も再生可能

無料回収を活用する

印刷

メーカー純正トナーなどを再利用しているのがリサイクルトナーです。そのためリサイクルトナー販売のためには空のトナーを業者は回収する必要があります。空のトナー回収は多くの業者が無料で行っているので、これを工夫して活用することでユーザー側も恩恵を得られます。通常リサイクルトナーにはプール品とリターン品があり、ユーザーが空トナーを返却してそれに充填して返却してもらう製品がリターン品です。リターン品はリサイクルトナー販売の際に送料が無料であったり、価格が少しプール品よりも安いといったメリットがあります。また積極的に空トナーの無料回収に協力することで、地球環境の保全にも繋げることができ、企業イメージの向上にも役立ちます。

再生回数向上への取り組み

機種や使用状況によって変わりますが、リサイクルトナーはその使用回数に限度があります。使用状況の悪いトナーの場合1回のリサイクルのみで使用できなくなるケースもあります。現在多くのリサイクルトナー販売業者は、トナーの再生回数向上のために取り組んでいます。自社に専用のラボを設けて、個別にトナーの再生可能回数を判定したり、再充填時のプロセスの改良などによって再生回数に関しては次第に向上しつつあるのが現状です。またかつてのリサイクルトナー販売会社は、他社のリサイクル製品に関しては使用状況が不明なこともあって回収を断るケースもありましたが、現在ではそれらのトナーも回収再生する技術が進んでいます。このためより一層リサイクルトナーが普及しつつあり、今後さらに再生回数の向上が期待できます。

リサイクルトナーの活用法

プリンター

リサイクルトナーとは、純正品のトナーカートリッジを再利用したリサイクル品のトナーカートリッジである。企業の経費削減と地球環境の保護に貢献し、循環型社会の実現に向けても貢献するため、高い人気を集めている。

どちらが得なの

プリンター

インクジェットプリンターのインクにおいて、品質と保証がしっかりしている純正品、純正品よりも価格が安いが故障のリスクや品質の問題を抱える非純正品があります。使用目的やコストパフォーマンスを考慮して、そちらがいいのか検討しましょう。最近では。非純正品の需要が高まりつつあります。